検索アルゴリズムのアップデート

8月 30, 2020 0 投稿者: admin

作成したホームページは、検索での順位が気になると思います。さまざまな対策をしたとしても、検索上位に上がってくる条件はそもそも開示されていませんし、年々変化もしてきています。パンダアップデートやペンギンアップデートがされて悪質なサイトが淘汰されるという措置や、最近では悪質なキュレーションサイトが一気に圏外にまで弾かれるという措置も取られてきました。年々変わっていく検索サイトですが、検索の本質はずっと変わらないと言えるでしょう。検索のエンジンは、一言で言えば「情報を探したいユーザー」と「クオリティの高い情報が掲載されているホームページ」を結びつけるために存在しています。ホームページを作る側に求められているのは、ユーザーに満足してもらえるクオリティの高いホームページです。自分の作ったホームページが、いつか圏外にされてしまうのではないかという恐れは尤もです。しかし、良質なクオリティの記事であれば、どんな時代であっても人々に求められます。もちろん情報が古くなっているものなどは順位が下がることなどはあり得ますが、不正を行わず地道にホームページを作り続けていればまず問題ありません。むしろ良質な情報を提供できるホームページ(ホワイトハットSEOが機能するもの)であれば、アルゴリズムがアップデートされればされるほど検索上位に上がってくる可能性は高くなります。「検索の精度が上がったら順位が落ちるかもしれない」と考えている場合、そもそものホームページのクオリティを見直す方が先と言えます。もしブラックハットSEOに抵触していると感じた場合は、取り締まられるのも時間の問題とも言えるので、すぐに方向転換をした方が良いでしょう。