見込み客の集客はできているか

11月 2, 2019 0 投稿者: admin

「成果」につなげるための「集客」ができるキーワードが選定できたら、今度は「アクション」につなげるという観点で考えなければならないそうです。キーワードの選定のときの絞り込みというのは、非常に大切なことだそうです。集客の数が少なくても、「商品を買う」とか「サービスに申し込む」というアクションをする人たちが多ければそれでいいと思います。闇雲に道を歩く人に声をかけても仕方ないと思います。ターゲットになりそうな人に声を掛けたいところですが、例えば英会話の教材を売りたければ、本屋さんの英会話教育関連の本棚にいる人に声をかける方が効率的だと思います。ウェブサイトも同様だと思います。商品やサービスをなんとか売りたいと思っているならば、多くの人に見てもらうのはもちろんですが、ただ見に来た人よりも「成果」につながる人に見てもらえる作りにしたほうがずっといいかと思います。キーワードの選定をするときに、検索件数ばかりを重要視して、あとは競合関係をチェックする程度で決めてしまう人も多いようです。長期間の効果を上げるためには、将来性とキーワードを一気に対策できる包含関係のあるものということが考えられますが、それだけでは成果につながるわけではないそうです。いわゆる「ターゲット」となる人ですが、「ターゲット」を明確にイメージすることがとても重要になってくるかと思います。闇雲に知名度や人通りだけを考えたら、渋谷や新宿に出店するということになるかと思いますが、家賃や人件費などのコストも高くなり、ライバルはたくさんいるということで、成果はなかなか出ないということもあるようです。けれどターゲットがきちんとわかっていたら成果を出すために選ぶべき場所もわかってくるはずだそうです。