フレームのサイトはNG

検索エンジンは、リ ンクの解析を通じて、本当にユーザー から支持されている優良なサイ ト ページを識別しよ うとします。この時、自然リンクが集まったサイト 、多数のサイトから、様々な形で、様々なリンクが張られているサイト、が好まれます。逆 にSEO対策を意識しすぎて特定のパターンで大量のリンクを張ることは、人為的なリンク Artificial Link として検索エンジンから嫌 われます。
幅広い種類のサイトから、色々な コンテス卜 ( 文 脈)のリンクを得ているサイトが「不特定多数か ら支侍された良質なサイト」と判断されます。特定の、ノースに偏ったリンクでなく、幅広いソース からリンクを得ているかを判断する概念は、多様性と呼ばれます。

フレームを利用したサイトは作らない
フレームとは、 1つの画面を複数に区切り、各々の領域(フレーム)に別々のHTML ファイルを表示させるものです。例えば画面を左右にフレーム分割し、左側にナビゲーションリンクを並べ、右側にコンテンツを表示するといったように、ナビゲーションを画面に常時表示させる目的で利用するウェブサイトがあります。最近はフレームを使っ たサイトは滅りつつありますが、まだ、時折見かけます。
しかし、 SEOに限らずサーチマーケティング全体、そしてユーザビリティの観点から もフレームは推奨できません。理由は次のとおりです。 子フレームが単体でインデックスされてしまう。 フレームを構成する個々のぺージが、検索エンジンに個別にインデックスされる場合があります。フレームを構成する個々のファイルがインデックスされてしまうと、例えば検索エンジン経由で訪問したユーザーに、意図したとおりにブラウザにサイトが表示 されません。 例えば、画面を上下に分割して上にナビゲーションを、下にコンテンツを表示するフ レームサイトを構築したとしましょう。もし検索エンジンが上下のファイルを別々にイ ンデックスすると、ユーザーがナビゲーションを構成するファイルにアクセスした時に コンテンツが閲覧できません。逆にユーザーがコンテンツを表示するファイルにアクセ スするとナビゲーションが表示されないためにブラウザの戻るボタン以外の動作がおこ なえなくなります。
ユーザビリティーの問題
ユーザビリティーの観点からもフレームは推奨されていません。フレームを利用した 場合、どのコンテンツを画面に表示しでもブラウザのアドレスバーに表示されるURLは 変わりません。そのため、ブラウザのお気に入りやソーシャルブックマークで特定のペ ージを登録することができません。同様にあるコンテンツが面白くて知人にそれを紹介 したくても、ピンポイントでそのURL を云えることができないのです。
検索エンジンの対応は完壁ではない
2008 年5月現在、検索エンジン各社のフレームサイトの処理方法が改善され、きちんと親フレームと子フレーム含めセットでインデックスしてくれる場合があります。しか しこの対応は 100% 完壁ではありません。適切にインテ‘ックスされないリスクを背負ってまで、フレームを利用したサイトを構築する理由はないでしょう。
iframe も同様にインデックスされない
なお、ページの任意の場所に他のファイルを表示する iframe というタグがあります が、このiframe の内容も検索エンジンはインデックスしません。ページ上に iframe で コンテンツを挿入することは推奨できません。
もしページの任意の場所に別ファイルのコンテンツを呼び出す必要があれば、PHP で呼び出すようにしましょう。これらの方法であれば、その挿入されたページの HTML ソースコードも当該ページに書き出されますので、検索エンジンはその内容をイ ンデックスすることができます。